story-1:建築

BIM導入プロジェクト

地域ゼネコンの先陣を切って
BIM導入を推進する

INTRODUCTION

地域ゼネコンの先陣を切って
BIM導入を推進する

いま建設業界では、建築物のデザインから設計、施工、修繕までのすべての工程にBIM(ビム:Building Information Modeling)モデルを利用する日がくると言われている。

佐田建設は業界に先駆けてBIM導入に動いた1社だ。
その導入の背景と現在の状況をレポートする。

MEMBER

  • Michio Kogure

    小暮 道生

    建築本部 設計部 次長
    設計BIM担当
    一級建築士

  • Mitsuru Arai

    新井 暢

    建築本部 技術部 企画課長
    施工BIM担当
    一級建築士
    1級建築施工管理技士

  • Mariko Tajima

    田嶋 真理子

    建築本部 設備部 設備工事課 工事長
    設備BIM担当
    建築設備士
    1級電気工事施工管理技士
    1級管工事施工管理技士

INTRODUCTION
BIMとは?

BIMが変えていく
建築プロジェクトの未来

BIM(ビム:Building Information Modeling)という用語を聞いたことがあるだろうか。建築物の3Dモデルを構築して、設計から施工、維持管理に至る建築ライフサイクルの全工程でこの3Dモデルを活用し、すべての3D/2Dデータと建築情報をこのモデルの上で共有していくという概念だ。

1つの建築物のライフサイクルには、企画から意匠・構造・設備・積算・施工・維持管理まで多くの工程があり、実に様々な専門家や事業者が関わっている。それぞれが自分のやり方でCADデータ、図面、情報の作成を行っていれば、別の工程に移るたびに不整合や矛盾が起き、その回復のための無駄な作業を生んでしまう恐れがある。

これを解決しようとするのがBIMだ。全ての工程で、3Dモデルを共用し建築情報を一元管理すれば、建築物の品質を確保し、コスト削減、工期短縮、顧客満足度の向上を実現するのに役立つ。また、各工程を担う人たちが、共通の3Dモデルをベースにコミュニケーションを取ることで、今までにないアイディア、技術、工法が生まれる可能性がある。

国土交通省も2010年度に官庁営繕事業にBIMを試行導入し、現在すでに一部の公的建築物で入札に際してBIM利用を条件にする例が出てきている。

BIM推進室を設置

地域ゼネコンの先頭に立って
BIM推進室を設置

佐田建設が会社としてBIMの導入を決めたのは2015年。将来的にBIMが、建設案件の入札や建設プロジェクトを進めるうえで重要な基盤になると判断したからだ。現在大手ゼネコンではBIM導入が始まっているが、地域ゼネコンでBIMを導入しているところはまだ珍しい。

BIMのソフトは何社かのメーカーから販売されており、設計、積算、設備、施工など工程ごとのBIM対応ソフトもある。BIM導入の決定を受けて、当社では、BIMソフトとして使い慣れたAutoCADと同メーカーが提供するAutodesk Revitを選定し、まず少数の社員で試験的に操作講習会を実施した。

その後2016年7月、建築本部にBIM推進室が設置され、設計部次長の木暮道生、技術部企画課長の新井暢、そして設備部設備工事課で工事長をしている田嶋真理子の3人がここに招集された。木暮が設計BIM担当、現場経験が豊富な新井が施工BIM担当、設備工事に詳しい田嶋が設備BIM担当という分担だった。

手探りのスタート

本社ビルの3Dモデルで
手探りのスタートを切る

「BIMとは何か、雲をつかむような思いでした」と木暮が言い、「3次元で何でもできるツールというイメージでした」と新井が言うように、当初は誰もがBIMについて漠然としたイメージしかもっていなかったし、田嶋が「手間がかかりそうだと思った」と言うように、作業負荷と効果について疑問を感じていた。

そこで、とにかく実際を知ろうと最初に取り組んだのが、BIMソフトを使った佐田建設本社ビルの3Dモデル構築だった。20年以上前の建築でCADデータはないため、紙の図面と実際の建物を見ながらデータ入力してモデルを作り、実際の建物や工事記録と比較した。

その結果、推進室では、「2DCADでは気づけなかった干渉がわかるなど、後工程で問題の起きない設計ができる」、「3Dモデルからレンダリングが容易にでき、図面を見るのに慣れていない人でも出来上がりのイメージがつかめ、説明がしやすくなる」、「2Dでは高さがつかめないため、配置した鉄骨と配管などが重なってしまうことがあるが、BIMではそれが回避できる」といった声が聞かれ、BIMの可能性への高い評価が育っていった。

BIM導入の効果

3D空間で進める
建築プロジェクトの効率化

推進室ではその後も既存の建物や、施工を控えた物件でのBIM利用を試し、事例実績を増やしながら社内の各部でプレゼンテーションを重ねていった。同時に、現場で施工管理や設備工事に携わる若手社員を中心にして、BIMの講習会を開催していった。

BIMでは、建物モデルを分割してそれぞれで作業を行うことができる。外部設計、内部設計、設備設計、施工検討などを並行して行うなど、ローカル(各自のPC)にデータを保存して作業して、作業成果を中央と同期できる。

また、3Dモデルを利用すれば、内装のデザインや配置の検討、外観パースの作成、外光や照明のシミュレーションもリアルな3次元空間での視覚化が可能になる。「空調設備をどのように配置するかも、BIMの3D空間で空気流のシミュレーションを行えば最適な位置を探り出すことができそうです」と田嶋が言う。

社内の関心

身近な2Dの感覚で
BIMを使いこなす環境を求めて

推進室の活動で社内でのBIMの認知と関心が徐々に高まっていき、現場から声がかかることも出てきた。

「この前ある現場から、カーテンウォールの施工であらかじめ納まりを検討したいがサポートしてくれないかという要請があって、そのビルのエントランスを3Dモデルにして持ち込み、良い検討材料を提供できました」と新井が事例を話す。

3Dモデルは描き込めば描き込むほどリアルにできる。付帯する情報もいくらでも載せることができる。「だが現実にはそこまで必要ないことがあるし、入力や作業の手間を考えればどこまでにするかを見極めることも重要です」と木暮が気づいた導入のポイントを話す。

施工の現場やプロジェクトの契約では2Dの図面が元になる。BIMの3Dモデルから2D図面を取り出すのは容易だが、3Dは手間がかかると考える人もまだ少なくない。社内向けのBIMマニュアルを編集した木暮は、「2Dの感覚でBIMソフトも使えるような手順づくりができればいい」と述べる。

BIMで未来を切り開く

BIM活用案件の入札に第一歩を記し、
次代を切り拓く

いまBIM導入は社内の大きな流れになっている。BIMの有効性が共通認識になってきていて、いろいろなレベルで必要になっていくだろう。施工BIMソフトの講習は、すでに今後BIMユーザーになっていくであろう社員の70%くらいで行った。

「設備工事では2DCADと同じように使えるめどが立っています。3Dを使っているサブコンも多いのでわりと敷居は低いと感じています」と田嶋は現状を評価する。

今年、当社は栃木県であったBIM活用が条件の案件に初めて応札した。残念ながら選定には至らなかったが、入札参加は大きな一歩となった。「BIM案件に入札できるところまできました。BIM導入企業として自信を持って次の機会に臨みます」と木暮は期待を膨らませている。佐田建設は今後BIM導入を着実に進め、業界の先頭でその成果をあげていくつもりだ。

COLUMN

  • コラム13DCADとは異なるBIMの成り立ち

    BIMでは、建物を構成する部屋、通路、壁、柱、ドアなどの部材をオブジェクトとして扱うことができ、1つずつ取り出して寸法や材質の変更を加えたり、外部のものと取り換えたりできる。変更はすぐに元のモデルにも反映され、全員に共有される。

  • コラム2建物VRを利用して事前の施工管理

    BIMデータから建物内部・外部のVR(バーチャルリアリティ)を生成すれば、あたかも出来上がった建物内外を移動しながら各個所をチェックするような作業を体験できる。施工管理に活用することができるし、顧客へのプレゼンテーションにも有効だ。