PROFILE
営 業
Ginga Takatsuna

髙綱 銀河

本店営業部 第二営業課
2018年入社

営業の仕事を通じて
佐田建設への信頼を
さらに育てていきたい

STAFF
VOICE5

INTERVIEW
入社動機・入社当初

地域の発展に貢献する仕事
ができると考えて選びました

就活では業種を絞らずに会社を回りました。その中で佐田建設を知り、県内で一番の建設会社であり、地域の発展に貢献できるし、地図や未来に名前が残る仕事ができると考えて応募しました。

本店の営業は官公庁担当、民間担当、全体の取りまとめと部署が分かれていますが、入社後半年間はそれぞれで営業同行などの研修を受け、私はその後、民間営業の第二営業課配属となりました。

現在の仕事

営業の仕事は情報収集と
お客様との橋渡しです

私は、民間企業や機関をお客様として建築、土木に関する工事の受注活動を行っています。事務所ビル、病院、工場、マンションの新築工事や改修工事、建物のメンテナンスなど案件は多岐にわたります。

営業というと飛び込みのイメージもあったのですが、実際には、さまざまな建設や開発の計画、予定に関するあらゆる情報収集をすることがメイン。その中でお客様との信頼関係を築き、受注後は竣工までお客様と現場との懸け橋になって進行を支えます。経験してみると、とてもやりがいがある仕事だとわかりました。

描く未来・社風

営業現場で佐田建設への
お客様の信頼を知りました

私は1年目から、先輩に助けてもらいながら事務所の新築工事とマンションの改修工事を担当できましたが、竣工した際にお客様から「良いものを作ってくれてありがとう」と感謝され、精一杯頑張ったことが報われたと感激しました。

お客様を訪問してわかるのは、「佐田さんなら大丈夫」という言葉が聞けるほどの当社の知名度と信頼の高さです。私のように、若くても多くのお客様の担当を持って営業活動ができるので、成長につながると実感します。

気軽に相談できる先輩がたくさんおり、家族的で温かい会社だということが若い社員を支えていると思います。

OTHERS

MESSAGE

ありのままの自分を
知ってもらおう

これがあるなら続けられるというポイントを見つけてください。当社ならば皆さんに合うポイントがきっとあるはずです。

PRIVATE

子どもの頃から大学まで
野球一筋でした

小学校から大学まで野球をやっていました。大学では全日本選手権にも出ることができました。今は地元の草野球チームで楽しんでいます。ゴルフの練習も週1回やっていて、社員と一緒にコースに行くこともあります。