PROFILE
土 木
Masayuki Okada

岡田 正行

土木本部 工事部 工事課
2008年入社

多くの人と
苦労や喜びを共有する現場に
やりがいがある

STAFF
VOICE3

INTERVIEW
入社動機・入社当初

群馬の建設会社なら佐田建設
と考えて入社を決めました

地元群馬での建設会社への就職を希望していて、大学で佐田建設の求人票を見つけたのがきっかけでした。施工実績を見ると、県庁や市役所をはじめよく知っている建物を多くつくっていますし、土木分野でも道路やダムなど大きな工事の実績が多くあって、しかも県内だけでなく関東全域から全国までに広がっていました。この会社なら大きな仕事を経験でき、自分も成長できると考えて入社を決めました。

現在の仕事

現場代理人として大規模な工事全体の
管理を行っています

この現場では仮締切遮水壁工事といって、ダム本体の工事を行うために川の流れをせき止める壁を構築する工事を行っています。川の水はすでに造られているう回水路を通ってダム下流に流れます。遮水壁は、長さ5m~9mの鋼矢板を地面に隙間なく打込んでいって造ります。

今は工事に必要なヤードを確保するための掘削工程を行っています。雨が多かったのですが工事は順調に進んでいます。

私はここで現場代理人として施工全体の管理を行っています。所長とも呼ばれる現場責任者で、工事の全体を監督し、工事を進めると共に、作業に携わる人達の安全を守るという大切な役割もあります。

描く未来・社風

新しい工法や工夫を提案して、
やりがいのある現場にします

鬼怒川の堤防が決壊して大きな被害が出た地区の災害復旧工事を行った時、ICT導入の1つとして、現場を3D測量してそのデータに沿って重機を動かす工法を採用して工事を効率化できました。新しい施工方法や創意工夫策が採用されて、工事が上手くいったことは嬉しいです。

工事が完成した際に、住民見学会で「よかったね、ご苦労様」と地元の方から声をかけていただいた時は、本当に感動しました。自分が考えた通りに協力会社の作業員さん達が働いてくださり、安全に予定通りに良いものができたとき、やりがいを感じます。完成検査が終わったあとの解放感もたまりません。

佐田建設は社員各々にこだわりがあり、現場管理の仕方も違うのですが、みんなが優しい良い会社です。

OTHERS

MESSAGE

同じ目的に向けて、
全員で苦労や喜びを
共有できる
仕事があります

自分に合った仕事かどうかより、入った会社で必要とされる人間になれるかどうかが大事です。得意不得意があっても、素直な気持ちで吸収していけば変わっていけるものです。

建設業の良さは、いろいろな人と同じ目的に向けて仕事ができ、苦労や喜びを共有できることです。

PRIVATE

週末は現場を離れて
ゆっくり家族と過ごします

週末に家に帰って娘(4歳)と遊ぶのが楽しみです。最近ゴルフを始めて練習にもよく行くようになりました。