教育研修/キャリアステップ

新入社員研修から役職者研修まで社員教育による成長の機会を十分に用意しています

キーワード
新入社員研修
様々な研修とOJT(On-the-Job Training)で育成
資格取得の奨励と支援

新入社員研修

・入社式のあと全員での合同研修を行い、ビジネスマナーから会社の事業、部門、業務、社内ルールまでの基本を習得します。

・このあとの研修・配属の流れは以下のようなフローになります。

合同研修

建築・土木

社内/現場研修

  • 品質管理教育
  • 積算実習
  • 原価管理教育
  • 工法・技術実習
  • 工程管理実習
  • CAD実習
  • 安全管理教育
  • 測量実習
  • 環境管理教育

6ヶ月後

現場への配属

営業・事務

部門への配属

様々な研修とOJT(On-the-Job Training)で育成

当社では新入社員教育に始まりOJT、年次別研修、役職別教育など様々な研修を実施しています。

建築、土木、営業、事務部門に配属後は実務を通じてしっかりと技術と知識を身につける体制を築いています。また、若手社員、中堅社員が集まって意見交換や新しい知識を得る場を設けています。

資格取得の奨励と支援

当社では各種の資格取得を奨励していて、施工管理技士などの受験費用は会社が負担し、取得後は報奨金が支給され給与に資格手当が付きます。

施工管理技士の資格は、現場の管理者である主任技術者、監理技術者や現場代理人になるために必須の資格ですので全員が取得に挑戦します。

大学・高専・専門学校の専門学科を卒業した人は、入社2年目(1年以上の現場実務経験者)に2級建築施工管理技士、2級土木施工管理技士の資格検定試験を受けることができます。専門学科以外の卒業者も実務経験年数によって受験資格が得られます。その後、1級建築施工管理技士、1級土木施工管理技士、1級建築士および技術士等の資格取得に向け、講習会、模擬試験および論文添削等を行ない、資格取得に意欲のある社員を支援します。

現場での経験を積んで施工管理での能力を磨き、より責任とやりがいのある仕事へとキャリアアップします

キーワード
現場でのキャリアステップ

現場でのキャリアステップ

現場では、配属後1~2年は先輩社員について施工管理を基礎から学びます。そして、経験を積みながら徐々に責任ある業務を任されるようになり、必要な資格を取得することによって、主任技術者、監理技術者へのステップアップします。

実力をつけ、意欲のある社員は早くから作業所長になり、責任を持って「自分の現場」を運営します。それぞれの立場によって得られる満足感・充実感が変化することも現場での仕事の醍醐味です。